かまわーん 俺が許す

/ 18.09.2021 / Yoshifumi

勇者「しまった!駄菓子しか持ってない!」 盗子「死ねっ!!」 宿敵「くっ…!賢二君、とりあえず防御魔法だ!」 賢二「う、うん!えっと…「絶壁」!!」. 憤怒 永田.

ゴップリン島…最初は違う名だったが、奴に支配されこの名にされてしまった島。 街には様々な「ゴップリングッズ」を売る土産物屋が立ち並んでいた。 「ゴップリンTシャツ」?「ゴップリンフィギュア」?こんな悪趣味なもの誰が買うか! あ゛ぁ?「ゴップリン饅頭」?ふざけるな!こんなものが…美味い!買いだ!. 盗子「えぇっ!?そういう効果なの!?」 勇者「う~ん、3点!」 賢二「ジョークじゃないよ!ただの失敗だよー!」 ゴプ「オ、オレノ アタマガー!!」.

特に連続ドラマだと、こっちも途中まで観てるから展開が予想できるんですよ。 「待って、一応ネタバレは控えるけどシーズン2のラスト……うわ~!」 じゃねえよ! 今までの展開もあわせるとその言葉でだいたい予想つくんだよ!. いよいよ敵の根城に突撃することになった俺、盗子、賢二、宿敵の四人。 大阪 少年 サッカー 強豪 宿敵「さ、さぁ!とりあえず戦力分析でもして戦いに備えようじゃないか!ね?ね?」 盗子「仮に生き延びてもアンタは死刑だけどね。」 宿敵「ひっ、ひえぇー!!」 賢二「えっと、僕は「魔法士」だから攻撃魔法もちょっとは…でもMP少ないよ?」 盗子「あ、アタシは「盗賊」だから盗むことしか…。」 宿敵「僕は「魔獣使い」なんだが、今のところ誰も懐いてくれなくて…。」 勇者「いま俺に出来るのは、せいぜい「お菓子屋さん」くらいだな…。」 盗子「わっ!何さそのリュック一杯のオヤツは!?」 勇者「文句なら親父に言ってくれ。俺はちゃんと大量の武器を…!」 盗子「なっ…く、クソ親父ー!勇者親父のクソ親父ィーー!!」 父「なんだと失敬な!」 一同「キターーーー!!!」.

一週間後、親方と約束した期限の日。親方の目の前で五人は、自分たちだけで機関車を発進させ、工場内の引き込み線を走らせる。賭けに負けた親方は、これまでの養育費を支払えと図々しいことを言う。 「養育費代わりに、親方に捧げる歌を歌います」 五人が歌いだしたのは、親方の悪口を歌い込んだもの。親方は怒り出すが、五人は機関車を走らせて逃げ、飛び乗った正太郎の手引きで工場の奥へ逃げ込む。 親方は捨て台詞を吐き、そこらじゅうのものを蹴っ飛ばして去って行く。レン以外の四人はバンザイをするが、レンはちょっぴり心が痛む。こき使われてはいたが、今日まで生きて来られたのは親方のおかげなのだ。. 姫ちゃんのうっかりミスのおかげで、危うく死ぬところだった俺。さすがにビビッた。 一体どう間違えたら「回復系魔法」と「絶命系魔法」を間違えるのだろうか…。 盗子「やった!ゴップリンに命中したよー!」 賢二「で、でもなんで「療法士」の姫さんが「魔法士」の…しかも高等魔術を…?」 姫「不思議なこともあるものだね。」 宿敵「ま、まるでヒトゴトのように…。」 勇者「こここ殺す気…! ま、まぁいい。許しちゃう。」 盗子「わーん!扱いが違うー!違いすぎるー!」 ゴプ「グッ…。ナ、ナンテ コッタ…。」 勇者「む!貴様まだ生きてやがったのか!」 賢二「やっぱさすがに術が不完全だったんだよ!」 勇者「こうなったらやはり勇者スペシャル・ミラクル…」 盗子「懲りろよ!」 ゴプ「マ、マテ!モウイイ…オレノ マケダ…。」.

タイトル画像はセリフ収録したNHKのスタジオのドア。黒地に白文字で「CR」の部屋番号。機関車の車体みたい。 聴いてすぐClubhouse感想会 作品を作ったからにはたくさんの人に届けたいので、映画がDVDになるのも番組が再放送されるのも本が重版されるのも、うれしい。 年の2月にNHK FMの連続ラジオドラマ枠「青春アドベンチャー」で放送された 「走れ歌鉄!」 全10話が再放送されると聞いたときも、もちろん喜んだ。 あらためて、はじめまして、歌鉄! 5年前は存在しなかったClubhouseで盛り上げルームをやることにした。戦争孤児のシドウを演じた大浦千佳さんを誘った。 初日と2日目は放送前のにルームを開いて「前説」の後、それぞれがの放送を聴いてから再集合していたが、3日目からは「各自で聴いて集合」にした。 ルームに間に合うように、毎日リアルタイムで放送を聴いた。もしルームをやらなかったら、聴き逃し配信をまとめて聴く日もあったと思う。 出演者のクレジットを読み上げ始めた辺りでルームを開け、過ぎから感想を聞く。家族に出したおかずの感想をその場で聞くぐらいの時差のなさ。 集まってくれたのは、ほぼ「膝枕リレー」で知り合った人たち。「膝マメのコバ」こと小羽勝也さん。「膝枕」だけでなく「わにのだんす」も朗読、さらには合体版も披露してくれているきぃくんママさん。夫婦で59膝目を朗読された全盲女優の美月めぐみさんと鈴木橙輔さん。膝枕外伝作家のやまねたけしさん、サトジュンさん。膝枕営業トップセールスのkana kaedeさん。Miho.

…    ….        …  ?

ツイートをみる 1.

Account Options

番組スタート時点では、 誰(キャスト、キャラクター)が何のために(方向性、番組の見方)、何(ジャンル)をするのかが最低限伝わるようなシンプルな宣伝を心がけています。 今回は、阿部サダヲさん、深田恭子さん演じる中卒夫婦が、娘の人生逆転のために中学受験をする爽やかなホームコメディという印象づけで興味を持って頂きたいと思っていました。. 遠足の行き先は、もはや当たり前の如く「ゴップリン島」。 去年は辿り着くことすらできなかった俺だが、今年は意外にもすんなり上陸できた。 よーし、今年こそはゴップリンを倒し、「勇者」としての第一歩を踏み出してやるぜ! 危険?いや、大丈夫。この通り武器ならリュックの中にたんまりと… たんまりと…オヤツが…。.

盗子「えぇっ!?そういう効果なの!?」 勇者「う~ん、3点!」 賢二「ジョークじゃないよ!ただの失敗だよー!」 ゴプ「オ、オレノ アタマガー!!」. 各々が自衛するなら、 ネットではネタバレ書きまくっていい ってこと?. 春…。 5歳になった俺は、今日から二号生として学校に通うことになる。 新しい生活の始まりだ。何かが変わることへの期待で胸が高鳴る始業式。 校長「みなさん進級おめでとう。早速みなさんには殺し合いをしてもらいます。」.

  • 正太郎は「うまい水」を基準に神戸から東京までの間の七つの補給駅候補を選んだ。それらの駅に協力を頼むにはどうすればいいか。勝手に機関車を走らせるのだから、国鉄の代表にかけあうわけにはいかない。細いツテを頼って、それぞれの駅に話をつけるしかない。 最寄り駅の駅長に相談すると、二つ隣の大きな駅の駅長が顔広いから、そっちに相談をと言われる。 「こういうんは最初が肝心や。こっちの熱意を見せることや」と正太郎。 その熱意とは、「決まってるやろ。お前らの歌を聞かすんや」. 途中駅の引き込み線で一時停車し、見張りを一人残して、二人は山へ、二人は海へ。緊急事態が発生すれば汽笛を鳴らすことになっていた。 とそのとき、汽笛が鳴った。あわてて薪組と水組が引き返すと、近所の人たちからふかしたてのまんじゅうの差し入れがあった。 「薪と水を積めるだけ積んで、走れるところまで行こう」 新しい気持ちで出発する五人。また新しい歌が生まれた。.
  • 新学年に上がった俺は、A~CのうちのA組に配属された。みんなも一緒だ。 残りの二組には大量の転入生。どうやら毎年こうやって人数を確保しているらしい。 人数が減っては転入生を募り、それを繰り返す…なんとも恐ろしい学校だ。 数年後、俺達「オリジナル」のうち何人が残り、無事卒業でき… そういえば、昨年度は「卒業式」が無かった気がする。. 浮浪児たちが出会う「見た目は異人の子、でもしゃべるのは大陸国の言葉ではなくてコテコテの西の港の言葉」な少女マリ(武田杏香)は、レンの天敵、占領軍のマケイン大佐(清水明彦)の娘。 レンに歌合戦への出場をすすめるのは、国民学校時代の受け持ちだったミチコ先生(松岡依都美)。 レンたちが出会う元機関士の日出男(斉藤暁)は、子どもだからと甘やかすことなく、レンたちに厳しくカマ焚きを教えます。.

… ……. nagatabros Facebook HOME PAGE. … …   …!

サイトナビゲーション

大丈夫です。この結果に納得のいかない ネタバレNG派の人は、ネタバレになるので記事の結末については書けない はずだから。. 勇者「しまった!駄菓子しか持ってない!」 盗子「死ねっ!!」 宿敵「くっ…!賢二君、とりあえず防御魔法だ!」 賢二「う、うん!えっと…「絶壁」!!」. 必殺技のネーミングに凝りすぎたせいで、せっかくのチャンスをフイにしてしまった。 今後「伝説」となる俺の人生にこんな汚点は残せない。なんとか誤魔化さねば…。 勇者「ぐっ、やはり人質を取られていては…!」 盗子「嘘つけ!取って付けたような言い訳すなー!!」 姫「勇者君、私が傷を治すよ。そのための「療法士」だよ。」 ゴプ「オット!ソウハ サセルカァー!」 賢二「あ、危ない!」 姫「えっと、回復回復…むー!「死滅」!」.

いや、 さすがにオモバレくらいなら目くじら立てませんよ。 知らない作品にはオモバレから興味を持つことがほとんどだから。.

PR .

構わーん!! オレが許す!!!

次の駅のホームで数十人体制の警察が待ち受けているのが見えた。 「速度を上げろ!」と役人。 速度を落として停車するはずだった機関車が素通りするのをぽかんと見送る警察官たち。 「ようし、このまま東京まで突っ走るぞ!」 五人が歌いだす。機関車が汽笛を鳴らす。速度を上げて、機関車は東京を目指した。. 大丈夫です。この結果に納得のいかない ネタバレNG派の人は、ネタバレになるので記事の結末については書けない はずだから。.

遠足の行き先は、もはや当たり前の如く「ゴップリン島」。 去年は辿り着くことすらできなかった俺だが、今年は意外にもすんなり上陸できた。 よーし、今年こそはゴップリンを倒し、「勇者」としての第一歩を踏み出してやるぜ! 危険?いや、大丈夫。この通り武器ならリュックの中にたんまりと… たんまりと…オヤツが…。.

  • 途中駅の引き込み線で一時停車し、見張りを一人残して、二人は山へ、二人は海へ。緊急事態が発生すれば汽笛を鳴らすことになっていた。 とそのとき、汽笛が鳴った。あわてて薪組と水組が引き返すと、近所の人たちからふかしたてのまんじゅうの差し入れがあった。 「薪と水を積めるだけ積んで、走れるところまで行こう」 新しい気持ちで出発する五人。また新しい歌が生まれた。.
  • 脚本家・今井雅子(Clubhouse朗読 膝枕リレー).
  • ゴップリンの攻撃。 勇者に29のダメージ。 如何せん名前が長すぎた。.
  • 遠足の行き先は、もはや当たり前の如く「ゴップリン島」。 去年は辿り着くことすらできなかった俺だが、今年は意外にもすんなり上陸できた。 よーし、今年こそはゴップリンを倒し、「勇者」としての第一歩を踏み出してやるぜ! 危険?いや、大丈夫。この通り武器ならリュックの中にたんまりと… たんまりと…オヤツが…。.

…   . … ……. … … … … … … .

構わーん!! オレが許す!!!

目に留めていただき、ありがとうございます。わたしが物書きでいられるのは、面白がってくださる方々のおかげです。 気に入ったらサポート. 手紙を持つ鉄道省役人の手が震えた。 「私の任務は戦後復興を押し進めること。であれば、進むのみだ!」 「そんなことしてええん?」と子どもたちのほうがうろたえる。おそらく処分がくだされるだろう。だが、戦争を生き延びて授かったおまけの命だ。信じた道を突き進んで、この身分を失うことになっても惜しくはない、と役人はきっぱり言う。. 自由時間も終わり、ついに「ゴップリンの洞窟」に乗り込む時間がやってきた。 だが全員で乗り込むには人数が多すぎるため、まずは少人数が選抜されることに。 勇者「俺は行くぜ。逃げるわけにはいかんからな…「勇者」として!」 教師「おぉ勇者君、素晴らしいです。他にはいませんか?もしいないとなると…」 宿敵(…ハッ!そうかわかったぞ!これはもはや心理戦…) 盗子(えっ、どういうこと!?) 宿敵(こういう時に勇気を出せないような人は、冒険科には不必要。ということは…) 賢二(そ、そっか!となると逆に手を上げていない人が…!) 宿敵(ああ、僕の読みに間違いは無い。一緒に生き残ろう、友よ!) 働いてなくてもお金借りれる. いよいよ敵の根城に突撃することになった俺、盗子、賢二、宿敵の四人。 なんとも心もとないパーティーだが、まぁいないよりはマシだろう。 宿敵「さ、さぁ!とりあえず戦力分析でもして戦いに備えようじゃないか!ね?ね?」 薄桜鬼 夢小説 沖田総司 宿敵「ひっ、ひえぇー!!」 賢二「えっと、僕は「魔法士」だから攻撃魔法もちょっとは…でもMP少ないよ?」 盗子「あ、アタシは「盗賊」だから盗むことしか…。」 宿敵「僕は「魔獣使い」なんだが、今のところ誰も懐いてくれなくて…。」 勇者「いま俺に出来るのは、せいぜい「お菓子屋さん」くらいだな…。」 盗子「わっ!何さそのリュック一杯のオヤツは!?」 勇者「文句なら親父に言ってくれ。俺はちゃんと大量の武器を…!」 盗子「なっ…く、クソ親父ー!勇者親父のクソ親父ィーー!!」 父「なんだと失敬な!」 一同「キターーーー!!!」.

… .        …  .

その他の: