伊達政宗 側近

/ 13.09.2021 / Seiichi

当初は 兵糧 開発が主眼であり、岩出山名物の 凍り豆腐 と納豆( ずんだ )は政宗の研究の末に開発されたものであった。仙台城の 築城 に際し 味噌 を製造するため城内に『御塩噌蔵(ごえんそぐら)』を建て、 筑紫国 から職人を呼び寄せたのが 仙台味噌 の始まりとされる [42] [43] 。味噌の大規模な生産体制が確立されたのはこれが最初といわれる。. ブログトップ 記事一覧 画像一覧. 城が落ちることになる27日の朝、伊達軍が城攻めの布陣を整えた。これを見た小手森城の武士がひとり現れ、 伊達成実 の陣所に向かい、取次を願い出た。.

寛永5年( 年 )3月12日、政宗は 徳川秀忠 を仙台藩江戸屋敷に招待して供応した。このとき、政宗自らが秀忠の前に膳を運んだが、そのとき秀忠側近の 内藤正重 が、「伊達殿に鬼見(毒見)をしてほしい」と声をかけた。政宗はこれに対して、「外記(正重)言はれぬ事を被申候。政宗程の者が御成を申自身御膳を上るうへ。おにする(毒見する)所にてはなきぞ御膳に毒を入るるは、早十年前の事なり十年前にも。日本の神かけて毒などにて。殺し奉るべきとは夢々思はぬぞ。一度は乗寄てこそとは思ひ候」と激怒して返答したと、『 政宗公御名語集 』に記されている。つまり、10年前なら、(徳川幕府の基盤がまだ磐石ではなかったため)謀反を起こす気もあったが、そのときでさえ、この政宗は毒殺などというせせこましいことはせず、一槍交えて戦おうとしただろうと正重を厳しく叱責しているのである。.

天正17年11月、後北条氏が真田領へ侵攻した事により、豊臣氏により征伐が行われる事になった。政宗は父・輝宗の時代から 後北条氏 と同盟関係にあったため、秀吉と戦うべきか小田原に参陣すべきか、直前まで迷っていたという。. 元和 元年 10月14日 ( 年 12月4日 ). 伊達政宗像( 東福寺 ピクシブ レノイリ 土佐光貞 筆、江戸中期頃) 数少ない隻眼で描かれた肖像画。. 従五位下、備中守、贈 正五位. 慶長19年( 年 )からの 大坂の陣 では病床に臥していたため、政宗に従うことができず、嫡子の 重綱 (のち重長)を参陣させた。 元和 元年( 年 )、病のために死去。享年59。.

これらは幕末から明治にかけて 水戸光圀 、 林子平 などの遺訓とされ、伊達政宗の遺訓としては明治27年の『好古叢誌』第三編八の巻漫録「仙台黄門政宗卿遺訓」が初出だが、伊達氏に関連する史料の中にその根拠となるものは見当たらないという [53] 。.

7 110. 13 58 ゆっくり霊夢茶番 [15]. 19 61372 58 [26]. PDF. ISBN ISBN 2 .

当初は 兵糧 開発が主眼であり、岩出山名物の 凍り豆腐 と納豆( ずんだ )は政宗の研究の末に開発されたものであった。仙台城の 築城 に際し 味噌 を製造するため城内に『御塩噌蔵(ごえんそぐら)』を建て、 筑紫国 から職人を呼び寄せたのが 仙台味噌 の始まりとされる [42] [43] 。味噌の大規模な生産体制が確立されたのはこれが最初といわれる。.

豊かに生きる バックナンバー

天正15年( 年 )12月、 関白 亢宿 男性 恋愛 豊臣秀吉 は関東・奥羽の諸大名、特に関東の北条氏と奥州の伊達氏に対して、 惣無事令 (私戦禁止令)を発令した。しかし、政宗は秀吉の命令を無視して戦争を続行した。. ヘルプ 井戸端 お知らせ バグの報告 寄付 ウィキペディアに関するお問い合わせ.

案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン. 師である 臨済宗 妙心寺 派の高僧・ 虎哉宗乙 の影響を受け、妙心寺塔頭・ 蟠桃院 の大檀越となったほか、虎哉の勧めを受けて 松島 の円福寺を再興して瑞巌円福禅寺( 瑞巌寺 )と改称し、同寺は伊達氏の庇護の下、江戸時代を通じて繁栄した。大仙寺で戦勝を祈願し、実際に勝利を得たため号を全勝寺と改めさせたという [41] 。後に 綱宗 が側室の振姫にちなみ 孝勝寺 と改めている。. 案内メニュー 個人用ツール ログインしていません トーク 投稿記録 アカウント作成 ログイン.

  • 天正10年( 年 )、伊達輝宗が相馬氏を攻めた際に、政宗が 蘆名盛隆 から援軍を取り付ける交渉をして成功しているが、盛隆からは景綱が政宗の腹心として認識されており、盛隆から景綱に充てた書状「片倉代々記」所収某年(推定天正11年)9月11日付片倉景綱宛蘆名盛隆書状 [1] には今後の政宗への取次を期待されている [2] 。.
  • コメントをお書きください コメント: 1.

4 19. 13 16 17 18 2 5 ? 11173. NEWS 813. 5 1115 9 [ 1] .

あなたへのおすすめ記事

同年9月、 関ヶ原の戦い が勃発。西軍の上杉家重臣・ 直江兼続 が指揮を執る軍が東軍の最上氏の領内に侵入すると( 慶長出羽合戦 )、東軍に属した政宗は、最上氏からの救援要請を受けて叔父・ 留守政景 が指揮する3千の兵を派遣し、9月25日には 茂庭綱元 が上杉領の刈田郡 湯原城 を攻略した [注 6] 関ヶ原の戦いが徳川方の勝利に終わり、直江兼続もまた最上義光に敗れて米沢に逃げ帰ると、政宗は自ら兵を率いて伊達・信夫郡奪還のため 国見峠 を越えて南進し、10月6日に 福島城 主・ 本庄繁長 の軍勢と衝突する。宮代表の野戦では威力偵察に出た 大宝寺義勝 (繁長の子)が指揮を執る上杉軍を破ったものの、続く福島城包囲戦では繁長の堅い守りに阻まれて攻城に失敗、さらに上杉軍の別働隊に補給線を断たれたため、翌日には 北目城 へと撤退した(後世の軍記物に見えるいわゆる 松川の戦い のモデル)。.

メインページ コミュニティ・ポータル 最近の出来事 新しいページ 最近の更新 おまかせ表示 練習用ページ アップロード ウィキメディア・コモンズ. この後、翌年春頃まで幾度か福島城攻略のために出兵したが、結局は緒戦の失敗を取り戻せず、旧領6郡のうち奪還できたのは 陸奥国 刈田郡 2万石のみであった。加えて、政宗が南部領内で発生した 和賀忠親 による一揆を煽動し、 白石宗直 らに命じて忠親を支援するため南部領に4千の兵を侵攻させていた事が発覚した( 岩崎一揆 )。この一件は最終的には不問に付されたものの、政宗が希望した恩賞の追加は尽く却下され、領地は60万石となった(のちに 近江国 と 常陸国 に小領土の 飛地 2万石の加増で62万石となる)。.

[ 3]. 4 19.

その後、 初七日 法要を済ますと、輝宗の弔い合戦と称して二本松城を包囲。11月17日、二本松城救援のため集結した佐竹氏率いる約3万の南奥州諸侯連合軍と 安達郡 人取橋で激突した。数に劣る伊達軍は潰走し、政宗自身も矢玉を浴びるなど危機的状況に陥ったが、 殿軍 を務めた老臣・ 鬼庭左月斎 の防戦によって退却に成功し、翌日の佐竹軍の撤兵により窮地を脱した( 人取橋の戦い バークにまかせろ 英語. 関ケ原の戦いの後、徳川家康の許可を得た政宗は慶長6年( 年 )、居城を 仙台 に移し、 城 と城下町の建設を始めた。ここに伊達政宗を藩祖とする 仙台藩 が誕生した。石高62万 石 は加賀・ 前田氏 、薩摩・ 島津氏 に次ぐ全国第3位である(ただし当初は、家康の次男・ 結城秀康 を藩主とする 福井藩 67万石があったので、全国3位ではない)。徳川幕府からは松平の名字を与えられ「松平陸奥守」を称した [29] 。.

天正13年( 年 )5月に蘆名領檜原を攻めると、8月には大内領 小手森城 へ兵を進め、近隣諸国への見せしめとして撫で斬りを行い、城中の者を皆殺しにしている。大内定綱の没落を間近で見た義継は和議を申し出、輝宗の取りなしにより五ヶ村のみを二本松領として安堵される事になった。ところが輝宗は、所領安堵の件などの礼に来ていた義継の見送りに出た所を拉致される。当時鷹狩りに出かけていた政宗は、急遽戻って義継を追跡し、鉄砲を放って輝宗もろとも一人も残さず殺害した。この事件については、鷹狩中の手勢が [14] なぜか鉄砲で武装していたことを根拠に、政宗による父殺しの陰謀と見る説もある [15] 。. 書に関しては 祐筆 に頼らず自筆で書くことも多かった。公式な文章の他、家臣への連絡や礼状、趣味の記録など多数の書が現代にも残っている [46] [47] [48] [49] 。 花押 は セキレイ であるが目の部分に針で穴を開けており、一揆を煽動した証拠とされる密書の花押に穴が無いと主張し、秀吉に偽書だと認めさせた。なお書に秀でていたことから、相手との関係によって複数の花押を使い分けており真相は不明である。秀吉と初めて対面した際の様子を家臣に知らせる手紙では花押を間違ったと訂正を書いている [45] 。.

伊達軍は「提案を容れてもいい。しかし小浜城ではなく伊達領に移れ」と半分ほど譲歩する返答をしてみせた。このまま逃してやって、定綱のもとに移られたら、かれらは決死の思いで抗戦するに違いない。当然の代案だろう。 すると勘解由は、城中の者たちと相談した後、今度は「 主君のもとで一緒に自害したいから命乞いをしているのでござる」 などと主張してきた。空気が読めないとはこのことだろう。これほど自分に虫のいい開城交渉は、戦国時代に例がない。. この風聞は直後からさまざまな興味と憶測を生み、講談本(『難波戦記』)では休息中の神保隊に有無を言わさずに銃撃を加えたとする説や、手柄を妬んでの味方討ちとする説も書かれている。ただし、政宗がこの事件について咎めを受けた記録はなく、幕府の記録(『 寛政重修諸家譜 』)にも「(神保相茂は)奮戦して死す」とのみ記述されており、幕府が政宗に配慮し抗議を黙殺した、あるいは水野家家中への味方討ちに尾ひれがついた伝聞が広まった可能性などが考えられる(詳細は 神保相茂 の項を参照)。.

藩祖伊達政宗公三百年祭協賛会編集『伊達政宗卿』 藩祖伊達政宗公顕彰会『伊達政宗卿伝記史料』 高橋富雄 編『伊達政宗のすべて』 新人物往来社 、年。 高橋富雄 『陸奥伊達一族』新人物往来社、年。 小林清治 『伊達政宗』 吉川弘文館 〈人物叢書〉、年、新装版。 小林清治『伊達政宗の研究』吉川弘文館、年。 ISBN 。 小林清治、 金沢規雄 、 浅野晃 編『伊達政宗 文化とその遺産』里文出版、年。 伊達真美 『伊達家の風景』三月書房、年。 伊達宗弘 『みちのくの指導者、凛たり-伊達八百年の歩み』踏青社、年。 伊達宗弘『武将歌人 将棋 なかずまい ぎょうせい 、年。 宇神幸男『宇和島藩』 現代書館 〈シリーズ藩物語〉、年。 遠藤ゆり子編 『伊達氏と戦国争乱』 吉川弘文館、年。 垣内和孝『伊達政宗と南奥の戦国時代』吉川弘文館、年。 ISBN 。 千葉真弓『あやしい政宗伝説 元ネタ知って楽しさ2倍。』風の時編集部、年。.

3 8 [16] 80 7 [17]. : Wikipedia. 2 5814 [27].      . JB PRESS.

今日は何の日 寛永13年5月24日

絵画も嗜んでいたとされ、 塩釜市 の旧家には自筆とされる絵が保存されている [50] 。. 文禄 りんかねーしょん新撰組 年 )、秀吉の 文禄の役 に従軍。従軍時に政宗が伊達家の部隊にあつらえさせた戦装束は非常に絢爛豪華なもので、上洛の道中において巷間の噂となった。3千人もしくは1,人の軍勢であったとの記録がある。他の軍勢が通過する際、静かに見守っていた京都の住民も伊達勢の軍装の見事さに歓声を上げたという。これ以来、派手な装いを好み着こなす人を指して「 伊達者 (だてもの)」と呼ぶようになった ヒプマイゲーム イベント 5] と伝えられる。朝鮮半島では 明 との和平交渉中の日本軍による朝鮮南部沿岸の築城に際して、普請を免除されていたにもかかわらず秀吉からの兵糧の支給を断って積極的に参加するなどして活躍した。 因みに政宗は、 慶長の役 には参加していない。.

天正16年( 年 )2月、北方の 大崎氏 家中の内紛に介入して兵1万を侵攻させたが、 黒川晴氏 の離反と大崎方の抵抗に遭い敗北した。さらに政宗への反感を強めていた伯父・ 最上義光 が義光の義兄・大崎側に立って参戦し、伊達領各地を最上勢に攻め落とされた( 大崎合戦 )。時を同じくして、大崎合戦に乗じて伊達領南部に蘆名氏・相馬氏が侵攻して 苗代田城 を落とされてしまう( 郡山合戦 )。しかし、南方戦線において伊達成実による大内定綱の調略が成功、北方戦線では5月に最上氏との間に割って入った母・ 義姫 の懇願により停戦し、体勢の立て直しが行われた。7月、最上氏および蘆名氏と和議が成立して窮地を脱し、愛姫の実家・田村氏領の確保に成功した( 田村仕置 )。9月、 金山宗洗 を通じて豊臣秀吉へ恭順を示し [19] 、秀吉は天正17年前半の上洛を求めた [20] 。.

おそらくこの軍記にある通り、小手森城の人々は自ら自害したのだろう。敵軍に略奪させないため、自発的に物資や家畜をも放火・ 殺害させて、伊達軍に得られるものを何一つ残すまいとしたのだ。 これは古今東西よく見られる「焦土戦術」である( まれに日本史の書籍で、攻撃側の作戦行動を「焦土戦術」 と記すものがあるが、これは誤用)。.

15 12. NEWS 813.

その他の: